12月 2013

大晦日、益救神太鼓年越祭

屋久島では、元旦ではなく、大晦日をとても重んじます。
大晦日の晩に、神様から歳を頂くのが風習。
我が家の大晦日の過ごし方は。。
晩にお膳でご馳走→家族が、屋久島太鼓保存会にいるので、太鼓一色。。
21時からは、善と悪の神様が太鼓を打ちながら、宮之浦の集落を練り歩きます。
そして、23時30分頃から、山の神様を奉る、益救神社にて、益救神太鼓(やくじんたいこ)が、年越しであります。
年越しに向かうごとに、善の神々と悪の神々の太鼓の打ち合いが熱くなる様子が、毎年やみつき。
あの鼓動を感じて、気持ちよく新年!
御神酒と屋久杉御守りの振る舞いも!
年の始まりにぜひ!

Read more

近くの山、雪化粧!

image

家から見える前岳(前羽神岳)にも積もりました。(奥の、奥羽神岳は白谷雲水峡の山)
いつもの年末が来たー!荒天は嫌だけど、納得のいつもの年末。
宮之浦集落は北西風が容赦ない。
蛇口ひねったら、冷たっ!雪山からの水は凍みる~(>.
高い奥岳の山々には、とっくに降っていたけど、我が家からの風景には、うっすらは何回かあったけど、積もりは今期初。屋久島、宮之浦の冬はこれから本番。こんな日も、島の南側はぽかぽかかも。(昨日も、島の北側は荒天、南側は晴天~♪)
厳しい気候あっての、あの大自然の神秘の森があるんだと思う。

Read more