Slide 1 Slide 2 Slide 4 Slide 5 Slide 6

屋久島 レンタカー&レンタルバイク& レンタサイクルyuko-rental_logo5

屋久島、宮之浦地域近郊の営業です。

0997-42-2285←push call!

◎ レンタカー (宮之浦地域送迎)                     (軽自動車オートマチック) 

◎ レンタルバイク (宮之浦地域送迎)    *50cc (原付&スーパーカブ、普通免許)

*110cc (1~2人用小型自動二輪免許以上)

↑上記,任意保険料+消費税全て込み↑

レンタサイクル (税+宮之浦地域配達&回収料金込み)

業8~19時

電話7~20時

苔むす森(白谷雲水峡)(しらたにうんすいきょう)

宮之浦地区から駐車場まで登り12km。

駐車場まではバイク、車で35分。

潤う水の島、屋久島を体感出来る森。

着いた途端、清涼感溢れる、沢の音。

沢沿いに大岩を少し歩くだけでも十分、屋久島を体感出来る森だと思います。

さらに、奥行けば、緑は濃密さを増し、屋久杉の著名木との出会い、苔も密度を増して来ます。

少し雨降る日は、森歩きは少し大変ですが、雨降る日こそ、花が開く様に、苔が開いて、この森は本当に良いのです。

更に、森の奥の急坂をなんとか頑張って登ると!

太鼓岩からのパノラマは、どんな季節にも天候でも眼福です。

ぜひ、ゆるりと、森の呼吸を楽しんで。

Click here

Rainbow island “Yakushima”

屋久島は虹の島。

屋久島一周すれば、どしゃ降りだったはずが、いつのまにか快晴!屋久島あるある。
朝夕はレインボー率も高い。

屋久島の空に人生教えられる時あります。

そっか、気持ち切り替えてみよう。

屋久島は水の島。恵みの雨を楽しもう。

 

Click here

永田いなか浜の夕陽

宮之浦から西側へ40分。
永田いなか浜の眺めは格別。
夕日に染まる東シナ海と口永良部島。
振り返れば更に赤く染まる、永田岳。
何もかも忘れて黄昏。
Click here

里のくらし

屋久島をもっと感じてみるには、自転車で近場の散策もおすすめ。
住む人々の暮らしの息づかいや島の歴史を感じることも旅の楽しみ。

益救神社(やくじんじゃ)

1200年以上の歴史があります。

山の神様、山幸彦を祀っています。奥の院は、九州最高峰、宮ノ浦岳。

かつて、この地区で疫病が流行った際に、祈願して治まった経緯から、益々救って下さる、益救神社のある、宮之浦地区とのこと。

川の向かい側の神社には海の神様、海幸彦もいます(山の神様のお兄様)

Click here

ABOUT

久島の旅が良き思い出になりますように。
↓ご予約、ご利用方法は一番下です↓

軽 レンタカー

(禁煙車、4人乗り)

◎   ダイハツミライース               (コンパクトカー)

◎トヨタピクサス(ハコバン、後ろ広々)

<料金表>

(任意保険料、消費税全て込みです)

  • ~3時間まで→3,300円
  • ~6時間まで→4,400円
  • ~24時間まで→5,500円
  • 翌日以降も同料金。
  • 通年、同料金です。
  • チャイルドシート無料、要予約。
  • 車内禁煙。
  • 営業時間後対応してますが、スタンド営業終了後は、現金対応です。

レンタルバイク 50CC

(トゥデイ、タクト→原付)

(スーパーカブ→マニュアル)

↑50cc1人用スクーター(HONDAトゥデイ)

50cc1人用スクーター(HONDAタクト)

50cc1人用ギア付  (HONDA スーパーカブ)

<料金表>

(任意保険料、消費税、全て込み)

  • ~3時間まで→1,980円
  • ~6時間まで→3,080円
  • ~24時間まで→3,850円
  • 24時間時間以降は、全プラン→毎日550円引
  • 普通免許。
  • ハーフ、ジェットヘルメット貸出は無料付帯サービスです。
  • 宮之浦,島地図あります。
  • 翌朝早朝ご利用の場合、前日夕方貸出です(要予約)
  • 夜間だけ、早朝~朝だけご利用等はご相談下さい。
  • 縄文杉、登山前後の当店営業時間後返却は通常対応です。(自宅営業)
  • スタンド営業時間後は現金精算です。
  • 事務所で貴重品以外の簡易的な荷物お預かりは可能です。

レンタルバイク 110CC

HONDA,Dio(原付)

自動二輪小型免許以上、1~2人乗り

HONDA,Dio,110cc

<料金表>

(任意保険料、消費税込全て込み)

  • ~6時間まで→3,850円
  • ~8時間まで→4,400円
  • ~12時間まで→4,950円
  • ~24時間まで→5,500円

 

[/column_one_third]

レンタサイクル

(マウンテンバイク限定)

タイヤサイズ:26インチ
サイズ:全長 約 175cm
重量:約 17.5kg
ギア:シマノ6段~
適応伸長:150~180cm

宮之浦地区限定→配達&回収料金込み

宮之浦地区散策、お買い物や食事、楠川温泉などへお出かけにおすすめです。

屋久島は起伏があるので、片道10km~(南側は空港辺り、北側はガジュマル園辺り、片道1時間程~)をおすすめしています。

<料金表>

料金

1回(営業時間8時~19時内)  1,100円

(夕方貸出は翌朝回収で1回料金)

 

※ご予約~当日ご利用方法※

🔘宮之浦地域と近郊(深川~楠川)は、宮之浦港,宿泊先,バス停,お店など、ご利用の際、送迎車にて移動後、こちらで手続きいただき、出発となります。(当店は宮之浦地域の坂の上、港から徒歩20分~ですので送迎してます、車4分程です)
1.電話予約(当日OK),メール予約、下記、お願いします。【①氏名,②携帯番号,③ご利用車両の種類,④ご利用台数,⑤ご利用開始時間~終了時間,⑥宮之浦地域でのお迎え先,到着時刻お知らせ願います】

2.当日は、電話で待ち合わせ,送迎車で当店まで移動いただき,免許証確認,手続き,出発です。
3.ご利用後は,当店までお戻りいただき,宮之浦地域の港,宿泊先,バス停等,送迎してます (宮之浦地区近郊は深川~楠川入口地区まで6km程の区間です)

※個人営業の為、配送、乗り捨て回収は出来ません※

※荷物が大きい場合,当店でお預かり可能です,他,事前に宿泊先でお預けになる等,走行に危険の無い様にお願いします※

🔘宮之浦以外の地区から来店の場合→安房港(宮之浦へ20km.バス30分)&屋久島空港(宮之浦へ12km.バス15分)から→宮之浦港行きバス乗車→高校前バス停下車後 (当店最寄りバス停)→電話下さい→お迎え行きます!(宮之浦地区はどのバス停でもお迎えOK!)

◎徒歩でご来店の場合→Google Mapではわからないのですが、急坂の上です、電話下されば、いつでも送迎します!

忙しい今日だから ゆっくり歩く 秋の日のふりそそぐ音がきこえますように そよ風が 素足にやさしくほほえみますように きんみずひきの黄色の花が おのずから この心にとまりますように 岩たちの無言の歌が 無言のままに ひびきわたりますように 忙しい今日を ゆっくり歩く

– 山尾 三省 (”ゆっくり歩く”より)

Photograph taken by Nao – 森の旅人 –

CONTACT

yuko-rental_logo3

鮫島S.Cサービス(ゆうこレンタル)

電話→push→  0997-42-2285

〒891-4205

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦2485-92

(宮之浦野球場駐車場入口正面)

営業 8-19時 無休 (電話7-20時)

宮之浦、無料送迎!気軽にお電話下さい。

◎MAPは等高線無く近く見えますが、坂が大変です、電話→push→0997-42-2285

◎徒歩来店のお客様も、ご利用後は送ります、自転車は無料回収します。

◎バスでご来店のお客様へ。

①空港、安房港からご来店の場合→宮之浦港行きバス乗車→屋久島高校前下車(当店近く)→お電話→即お迎えに上がります。

②白谷雲水峡からは小原町バス停が近くです。

③一湊方面からは小学校前バス停が近くです。

④当店の最寄りバス停以外でも、宮之浦地区は、どの場所でも、送迎してます。

◎タクシー等でご来店のお客様へ→宮之浦野球場駐車場正面の鮫島SCサービス(さめしまエスシーサービス)でお伝え下さい。

◎MAP

    2本指で,左側に移動,縮小,拡大お願いします。

お問合せ・ご予約

お問合せ、ご予約はこちらからお願いします!


* = 必須

人は生まれて死ぬまでには、一体どのくらいの夕日を見送るのだろうか。本当に美しい、荘厳な夕陽を見るならば、それはカミ(神)をみることではないだろうか。

– 山尾 三省 (”森羅万象の中へ”より)

Photograph taken by Nao – 森の旅人 –

DISCOVER YAKUSHIMA

特有の風。

濃厚な色。

潤う匂い。

浴びる大自然。

体感したら,

きっと,あなただけの屋久島,

あなたの中の

なにかに出会えるよ。

早朝の森を歩いてみる
永田いなか浜の夕陽
屋久島は「虹の島」。
里をゆっくりポタリング
BOOKMARKS

そこに広がる青空というのは、ぼく達のいのちそのものなのであり、流れゆく白雲のきれはしは、そこから湧き出す様ざまなぼく達の思いの形なのだった。いのちは、青空。思いは白雲。

– 山尾 三省 (”『祈り』所収「窓」”より)

Photograph taken by Nao – 森の旅人 –